【2017年4月】Google AdSenseの審査結果がこない時にやったほうが良いこと

表題の通り、やっとのことでGoogle AdSenseの審査に通過しました。
3月20日に初申請、3月29日に差し戻し、そして今日4月24日に承認メールが届きました。

審査を待つ間あまりにそわそわしすぎてAdSenseのドキュメントを結構読みました。その中で生まれてきた、審査はこうやっているのでは?という仮説と、その仮説が正しかった場合どうしたら審査が進むのかということについて書きたいと思います。

まずはじめに仮説を書きます。あくまで「仮説」であることをご承知ください。

仮説:審査を進めるためには(広告コードを貼り付けた)全ページへのアクセスが必要
(審査の結果が全然こないときは自分でゴニョゴニョすると良いかも)

スポンサーリンク

理由1: 「お申し込みの審査の所要時間」に記載された文面

下記はGoogleのAdSenseヘルプページ「お申し込みの審査の所要時間」です。
審査に役立つポイントとして、定常的にアクセスがあるページに載せることや、アクセスがないページにコードを配置すると審査に時間が掛かることが記載されています。

審査に役立つ重要なポイント:
コンテンツが掲載されており、定常的にユーザーがアクセスしているページにコードを配置する。
AdSense アカウントの完全有効化の所要時間 - AdSense ヘルプ

ユーザーの定常的なアクセスがないページに広告コードを挿入したことが原因で、審査に時間がかかるケースが多々ありますのでご注意ください。
AdSense アカウントの完全有効化の所要時間 - AdSense ヘルプ

理由2:審査はAdSense担当者とクローラが行う

下記はコンテンツに対するヘルプです。担当者にブログを読まれて審査されるという部分に目が行きがちですが、大切なのはクローラも評価を行うという部分です。裏返すと、クローラーがクロールするまで審査が保留されるということです。クローラがOKを出すまで人間は審査を行わないと思います。クローラーの人件費はタダですが担当者は雇うのにもお金がかかりますからね。

AdSense で承認され、関連性の高い広告をサイトに掲載するには、AdSense スペシャリストが審査し、クローラがページの内容を判別するために十分な量のテキストを、ページに含める必要があります。
What to do if AdSense can't activate your account - AdSense Help

理由3:AdSenseクローラはユーザーのアクセス起因でクロールを実施する。

そろそろ核心に近づいてきましたよ!!下記はAdsenseのクローラに関するヘルプです。

AdSenseのクローラはGoogleクローラやSearch Cosoleクローラとは違います。Search Consoleにサイトマップを追加したとしてもAdSenseのクローラはクロールしてくれません。

AdSense クローラは Google クローラとは異なります。
2 つのクローラは別個のものですが、キャッシュを共有しています。これにより、2 つのクローラが同じページをリクエストする事態を防ぎ、サイトの帯域幅を節約するよう努めています。同様に、Search Console クローラも別個のクローラです。
AdSense クローラについて - AdSense ヘルプ

AdSenseのクローラは何をトリガーにクロールをするかというと、ユーザのアクセスをトリガーにクロールを行います。ここがリンクをだとってクロールするGoogleクローラと違うところですね。

ヘルプにも「Google広告を掲載しているページだけが送信するリクエストに応じてクロールが行われる」とあります。広告ページの何がリクエストを送信しているのでしょうか?AdSenseを申請したときにページのhead部分に承認用のコードを貼り付けましたよね?
多分ですが、このコードを貼り付けたページを開いたときに裏でGoogleに対してAjax通信が行われてクロール対象として登録されるのだと思います。

クローラは Google の広告タグが実装されている URL にのみアクセスを試みます。
Google 広告を掲載しているページだけが送信するリクエストに応じて、クロールが行われます。
AdSense クローラについて - AdSense ヘルプ

まとめ

上記の理由をまとめると下記のとおりになります。

  1. コードは定常的にアクセスがあるページに設置しなければならない
  2. 審査はAdSenseの担当者とAdSenseクローラが行う
  3. AdSenseクローラはユーザーのアクセス起因でクロールを行う

つまり結果が来ないという方は、まったくアクセスが無いページに対して自分でゴニョゴニョすると、審査が進むかもしれません。

終わりに

AdSenseについて調べる中で、画像を貼らないほうがよいという記事など、わりとデマっぽい情報を見ました。
今日書いた仮説は正しいかもしれませんし、間違っているかもしれません。
あくまで仮説であることにご留意ください。

余談:かつての1次審査は

いまはもう1次審査がなくなりましたが、かつての1次審査がクローラの審査で、2次審査が担当者の審査だったりしたんですかね?2段階形式だったときに申請したことがないのでわかりませんが。