オタク遠征の必需品チェックリスト(台湾遠征編)

最近声優さんのイベントでも台湾で行われるイベントが多くなっています。

海外だからハードルが高いと思いきや、ちょっと国境をまたぐだけで福岡や北海道に行くのとそれほど変わりません。物価も安く、食べ物も美味しいので、台湾遠征はめちゃくちゃおすすめです。小籠包も美味しいですしね。

なぜ海外旅行編ではなく台湾遠征編なのかというと、僕が海外は台湾遠征しかしたことがないからです。とはいえ台湾遠征は何回かしてなんとなくわかってきたのでチェックリストを書きます。

共通編もありますのでこちらの準備もお願いします。

オタク遠征の必需品チェックリスト(共通編) - 後悔日誌

チェックリスト

  1. パスポート
  2. ポケットWifi or SIMフリースマホ
  3. 航空券の予約
  4. 滞在先ホテルの予約
  5. オンライン入国カードを提出しておく
  6. 日本で両替を”しない”
スポンサーリンク

 

各用品の解説

パスポート

日本国旅券。取得に時間が掛かるので台湾イベントが発表されたら即取得しましょう。航空券の予約にもパスポートが必要ですしね。2万円弱かかりますが運転免許証よりはマシです。

ポケットWifi or SIMフリースマホ

海外でもネットが必要ですよね?。

ぼくはSIMフリースマホを持っていって現地で3日間のSIMカードを指す派です。友人オタクは日本でポケットWifiを借りてから出国してました。

航空券の予約

日本と台湾の間には海があるので航空券がないと台湾にいけません。

だいたいPeachを使ってしまいます。

ツアーで予約すると安いらしいという噂です。

滞在先ホテルの予約

日本なら当日にホテルを探したりネットカフェに入ればいいですが、海外だと流石に怖いので予約することをおすすめします。次のオンライン入国カードで滞在するホテルを記入するところがあるので予約しておいたほうが良いですね。

 

複数人だと5つ星ホテルに1万円くらいで泊まれてセレブ気分になれます。

www.sherwood.com.tw

 

心配症な人はサンルート台北ですね。

初めて台湾にいったときに利用しました。チェックインが遅れてしまったのですが電話も日本語が通じました。

ただし、部屋はマジで日本のビジネスホテルです。台湾感はありません。

www.sunroute.jp

 

オンライン入国カードを提出しておく

飛行機内で入国カードが配られ入国審査のときに提出するやつです。

事前に提出しておくと飛行機内で書かなくても済みます。

パスポート番号や飛行機の便名、ホテル名を飛行機内で確認するのが地味にめんどくさいんですよね。

オンライン入国カードを提出しておくと入国審査のときにパスポートを出すだけでわかってもらえます。でも申請できてなかったらどうしようとちょっとそわそわします。

入國登記表

日本で両替を”しない”

日本国内で両替をするとレートが悪いので現地についてから空港で両替するほうがよいでしょう。逆に言うと日本円を多く持っていかないと両替するお金がなくて困ります。少なくともSIMカードを借りるお金分くらいは持っていかないとお金を下ろす方法すら調べられなくて詰むのではないでしょうか。

クレカのキャッシングのほうがレートがいいみたいな噂がありますが、よくわからなくて使ってません。

終わりに

いままで国内しか遠征したことが無い方も台湾ならお手軽に海外にいけます。旅行も兼ねて遠征してみてはいかがでしょうか。

食べ物も美味しく楽しい台湾、行きましょう。

あからさまに台湾の写真を貼っておきますね。

 

f:id:viaggiolog:20170305184950j:plain

 

f:id:viaggiolog:20170305211613j:plain

f:id:viaggiolog:20170305211724j:plain