ZenBook 14(UX433FN)を購入したのでレビュー

8月に発表されてからずっと気になっていたUX433FNを購入しました。
ZenBook 14 UX433FN | ノートPC

購入する前に情報が無くて気になっていたところなどを書きたいと思います。

f:id:viaggiolog:20181224212235j:plain

スポンサーリンク

見た目、大きさ

狭額縁ということで、見た目は非常にスタイリッシュだと思います。
狭額縁の画面とすることで画面の縦部分が短くできたのか、他のパソコンよりかなり横長になっています。開いて使う分には気にならないので良いですが。

また、筐体の外側に指紋がつきやすいのが少し気になりました。

画像は公式サイトに掲載されていますし、グレア画面で映り込むので写真を撮るのはあきらめました。日本で発売されるモデルは全部グレアパネルのようです。自分の顔が映り込むのでなるべくノングレアが良いのですが・・・。

SSD性能

このPCを買うのを決めた理由がこれ。
ASUSのPCはSSDであってもSATA接続であることが多いのですが、UX433FNはPCI Express接続になっています。
CPUやメモリの速度が向上してハイスペックのものに替えても体感速度はあまりかわりませんが、ディスクに関してはSSDの進歩によりかなり体感速度が変わります。

まだ情報がなかったのでセットアップ直後のCrystalDiskMarkを取得しました。
思ったよりは早くないですね・・・。
ただ、アプリの起動など非常にサクサクなので満足しています。

f:id:viaggiolog:20181224204651p:plain
UX433FN CrystalDiskMarkの結果

タッチパッド

押し込めるタイプ

クリックボタンはなく、タッチパッドを押し込んでクリックできるタイプです。
僕はタップだけでクリック判定されてしまうのが嫌で、店舗まで行って押し込んでクリックできるタイプか確認しました。
タップだけでクリック判定されてしまうと、ただカーソルを移動したいだけなのにいつの間にかドラッグになっていて、勝手にファイルが移動されたりしてるんですよね・・・。

タッチパッド設定を以下のようにすることで、押し込んだときだけクリックとなるように変更できました。
こうすることで左クリックが使いやすくなるのはもちろん、2本指での右クリックもやりやすくなります。
タップでの判定だと2本同時にタップしないと右クリックになりませんが、押し込んだ場合のみクリックとした場合は指2本をタッチパッドに触れさせてから押し込めばダブルクリックの判定となるからです。
f:id:viaggiolog:20181224205434p:plain

テンキーになるタッチパッド

実際使ってみたら使いやすいかも?と期待していたのですが、正直まったく使う気がしないです。
たしかにテンキーの配置なのだけど、タッチタイプできる気がしないからです。
テンキーが欲しくなるのは金額入力だったりとにかくたくさん打ち込みたい場面なわけで、タッチパッドを見ながらポチポチするくらいならキーボード側で打ち込むわ!と思います。

ただオフにしておけば目立たないので、オフにしておけばよいかなと思います。

顔認証

かなりの速度で認証してくれます。これは便利。
電源OFF状態からの起動は12秒くらい、スリープからの復帰は1秒~2.5秒くらいでした。

今のところ自宅の中でしか使っていませんが、外出したりして照明の条件とかかわるとどうなんだろう・・・。

プリインストールアプリ

Netflixやゲーム、マカフィーの評価版などが最初からインストールされています。
だんだんガラケーみたいになってきたな・・・と思います・・・。
(ゲームとかはWindows10の標準インストールアプリなんだろうか・・・?)

f:id:viaggiolog:20181224204739p:plain
UX433FN プリインストールアプリ

付属品

ACアダプタ、有線LAN変換アダプタ、PCケースが付属します。
USB-C充電でないところが残念なところ。

f:id:viaggiolog:20181224213054j:plain:w300



f:id:viaggiolog:20181224213106j:plain:w300

拡張ポート等

USBポートが2つしかないので、付属の優先LANとマウスで埋めてしまうとほかのUSBデバイスが挿せなくなってしまうので、結局USB3.0ハブを購入した。

ワンチャン使えるかとおもって以下の商品を購入したのだけど、HDMIは使えなかった。USB-CポートにDisplayPortのマークがないから使えないかと思っていたけど本当に使えなかった。

まあ以下よりかっこいいからデザイン料金ということで・・・。

まとめ

まとめると以下のようになります。気になるところはあるものの、10万円台前半でのPCとしては書いだと思います。

良いところ

  • 狭額縁で筐体サイズが小さくスタイリッシュ
  • タッチパッドが押し込んでクリックするタイプ
  • SSDはPCI Express接続でサクサク
  • 顔認証が使いやすく起動も早い

気になるところ

  • 筐体に指紋がつきやすい
  • タッチパッドのテンキーは使う気がしない
  • 画面がグレアパネル
  • USB-C充電ではない